自衛官が誤認逮捕され退職に追い込まてからの話

自衛官が誤認逮捕され退職に追い込まれてからの話

国家公務員である自衛官として働いていたある日、警察に誤認逮捕され自主退職。一時は貯金200万だった自衛官が今では借金300万を背負う派遣社員となり、その返済のため日々お金を稼ぐのに奮闘するブログ。

国家公務員の自衛官を退職し、どうしても専門学生になりたかった理由。

 

タイトルの通りです。

今年度まで僕は専門学校に通っていたんですが、みなさんが国家公務員・・いや自衛官だったとして退職がきまったら次に選ぶ道はなんですか?

 

 

 

退職金も入るし、頼めば防衛省は次の就職先も探してくれるんですよ。

 

 

 

 

自衛隊を退職する理由

f:id:KOTORI20:20170509002401j:plain

 

自衛隊時代の数多くの友人も、私より前に退職しましたが、農家をやって野菜を作っているやつもいれば、ラーメン屋で修行しているやつもいます。将来居酒屋を経営したいと言って居酒屋に勤めているやつもいます。

 

 

 

一番変わった仕事をしているやつは、本気で総理大臣になりたいと言って今政治家の秘書をやっているやつもいるんです。

 

 

 

結局自衛隊を辞める人って、根性ないからとか、仕事が辛いからとかではなく、やりたいことを見つけた人が多いと思います。

 

 

 

 

自衛隊に入隊した人の割合の中で、本気で自衛官になりたいと思って入隊した人なんてほんの一握りな気がします。

みんな夢がないから自衛隊に入るんです。

給料も良いし、安定もしてる、一時は名前を書けば受かるなんて言われていた時代もあったほど、自衛官は受かりやすいと思ってみんな試験を受けます。

 

 

 

 

その結果バカが多く入隊することになるんですけど。

もちろん優秀な人も数多くいますよ。尊敬していた上司もたくさんいましたし。

 

 

 

 

でも結局途中で自分のやりたいこと、夢を見つけてみんな退職してます。

 

 

 

 

未だに自衛官をいやいや続けているやつは、結局金のために働いているんでしょう。

働く=金をもらうことなので、最終的に国民みんな金のために働いているんでしょうけど、やりたいことをしてお金を稼ぐのと、いやいや仕事をして金を稼ぐのでは自分のモチベーションも変わってっきます。

 

 

 

頑張らなかった者勝ち?

f:id:KOTORI20:20170509002558j:plain

 

それに自衛隊だけではありませんが、優秀な人と仕事できない人との給料がほぼ同額っていうのもどうかと思うんです。

 

 

 

仕事の同期とどうやったら給料に差をつけれますか?

いくら頑張ってもその差は微々たるものではないですか?

 

 

 

 

そのおかしな制度にみなさんもっと疑問を持つべきだと思います。

 

 

 

入隊してすぐに僕は、いくら頑張っても同期と給料変わんないということに不満を持っていました。

 

 

 

それだったら頑張んなかった者勝ちじゃんと。

 

 

 

 

「だったらなにかしらで独立したい」

そんな漠然とした夢を当時から持っていました。

 

 

 

 

どうしても専門学校に通いたかった

f:id:KOTORI20:20170509002907j:plain

 

退職するにあたって、将来独立を見据えて・・・となると僕の頭は某専門学校でいっぱいになりました。

 

 

 

独立を見据えただけが理由ではなく、遊びたかったっていうのも理由の一つです。

 

 

 

高校卒業してそのまま入隊し、友達が週末飲み歩いているときに、僕らは基地内で掃除をしているような生活をしていたんですから。

 

 

 

その時間を今更取り戻したいという欲が出てきてしまったんです。

 

 

 

 

しかしこの選択が今の僕を苦しめることになります。

 

 

 

 

独立を考えているだけだったら、正直専門学校に行く必要もなく、ただ僕の遊びたい浴が強かっただけなんです。

 

 

 

 

貯金した金を少しくらいぱーっと使っちゃおうっていう、そんな考えしか当時は持っていませんでした。

 

それに本来高校卒業後に大学に行く予定だったのが、家庭の都合で急遽いけなくなってしまったので、余計「学生」という響きに憧れを持っていました。

 

 

 

学校の食堂でみんなでご飯を食べて、学校帰りはみんなで仲良く帰って、たまにそのまま街に繰り出してみたり・・・そんな妄想ばっかりしていました。

 

 

 

 

 

 

でも理想と現実はぜんぜん違う!!!

 

 

入学してみたものの、

 

 

友達と食堂でご飯をたべた回数・・・0回

学校帰りに仲良い友達と帰った回数・・・2、3回

そのまま街に繰り出した回数・・・0回

 

 

 

 

もう学生なんか戻りたくないわっ。

 

 

 

次回は・・・

 

現在の僕の借金について赤裸々と話していこうかと思っています。 

 

 

 

 

最後に!!!

ここまで見て頂いた方ありがとうございます!

少しでもこの先が気になる方がいれば是非読者になっていただければ大変ありがたいです。

そしてツイッターフェイスブックでも拡散して頂ければもっとありがたいです!

なるべく多くの人に見て頂き、似たような境遇の人や、人生が辛い人いたらぜひコメントください、仲良くしてください!僕も今最強に辛いです・・・

唯一の楽しみは毎晩飲む酎ハイ一本です(笑)

 

 

 

今後もよろしくお願いいたします!